宝物が

宝物彼との思い出話なら、夜が明けるまでしていられました。
事細かなところまで話せる自信もありました。
そのくらいに、私は彼を愛していたんです。

しかしもう、私の隣には彼はいません。
彼とは別れてしまったのです。
2人の間によからぬものが漂い始めているのには気がついていましたし
出来ることならば、今のうちに何とかしようという心もありました。

私がどんなに頑張ろうとも、彼は私に
「別れたい」
と言いました。

何度か話し合いもしましたし、前向きに考え直してはくれないかとも話しました。
しかし彼の気持ちが動くことは無く、私たちの恋愛関係は終わりました。

そんな別れから半年以上経過しても、私は彼のことを忘れずにいました。
忘れるどころか鮮明に記憶の中に残り続けていました。
合コンなどにも行くようにはなっていたのですが、そういうときに限って
彼との思い出がふと頭を過ぎったりするもので(苦笑)

宝物とも言うべき彼との幸せな日々は、新しく踏み出そうとする私の毒のような存在にもなっていました。
このまま思い出ごと・彼の存在ごと消してしまいたいなんて思う前に
早く頭の中で整理整頓しなくてはと思いました。
少しずつで良いから、噛み砕いて飲み込んで過去のものにしていく。
そんな意識を持つようになってからは、ふと彼のことを思い出す・・・なんてことが減りました。